カテゴリー「経済・政治・国際」の1件の記事

2007年9月14日 (金)

スマトラでの地震

スマトラでの地震
いま安部総理が辞めたことで政界が慌ただしくなっていますが、こんな時に世界への目を忘れては駄目だと思うの。

スマトラ島沖でまた大きな地震が起こっているじゃない?死者は既に10人だって…

ニュースでも世界のことで取り上げられるのはアメリカのことが多いと思わない?特に9・11なんかね。

もちろんあれは悲惨な事故で、あたしだって罪のない人たち、本当にかわいそうだと思う。

でも砂川秀樹さんもホームページで書かれてたように、インドネシア近くで起こった地震で、同じようにたくさんの人がなくなり、また心に傷を負う人もたくさんいてトラウマになっている。本当に由々しき事態よ。

2004年12月26日の地震では、死者22万人以上負傷者13万人だそう。すごい数よね。

テロと地震。違いはあるにせよ、死者、負傷者でいえば、あたしたちが追悼の念を抱くべきだという点については同じよ。 むしろ、スマトラのほうに注目するべきだわ。

国によって報道の量が全く違うのは理解に苦しむわね。

やはりアメリカが、政治的にも、経済的にも世界を見えないところで制覇しているってことかしら。

せめてスマトラ島の方に救いの手を伸ばしたい。

そう思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)