« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の24件の記事

2008年12月31日 (水)

あたしのブログについて(12月23日現在)

 あたしのブログについて簡単に紹介しておきたいとおもいます。
oneゲイとしての日常で感じたこと
twoこころと体
three大好きなR&Bについて
four日本(時々は世界の)ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランスジェンダー/セクシャルについて

 ピンとくるところがあるかたはよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

こころ晴れ晴れ

不思議ですね。

いま田舎から岡山行きの電車に乗って三時間ほど経つのですが、それだけでこころの中にあったイライラ、憎しみ、悔しさ、怒り、すべて消えました(b^-゜)


やはり今の僕にとっては本当に親との距離は大切だったのでしょう。

今日は梅田近くのホテルでゆっくりして余裕があればバーに顔をだしてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

家を出ます

 Photo4

 今日はずっと自分の部屋にこもりっきりで、
 「部屋にずっといても気分よくないしなぁ」
 と思って、近くのファミレスに行ってきました。

 久しぶりにファミレス行くと、きっついw
 サービスは悪いわ、若いねーちゃんはうるさいわ、
 少しお金を出してもこれからはまともな喫茶店に行こうと思ってます。

 でも、考えていました。
 「あれから家にいてもたいして体調はよくなっていないし、逆にものすごく悪くなっている気がする・・・。今は本当に大切な時期だから、家にいるべきじゃないんじゃないか。親にいくら謝られて、情にほだされて家にいても、自分が治らないのなら、家にいるべきじゃない。」

 そう思いました。いまどこにしようか、「じゃあどこにいけばいいの?」って思いますが、
 でも「とにかく家を抜け出したい。」って思います。

 さっき考えていたのは、大阪。
 大阪は僕の田舎よりは圧倒的にゲイフレンドリーだし、まぁ年末年始だからどうかわからないけど、ゲイバーに行けば適当なこと言って笑えるじゃないですかhappy01
 まずは、今までよく言ったことのあるバーに行って、そこでbellbellなバーを紹介してもらうとか(笑)。

 その後で、どこか住みやすいところがあれば、ウィークリーマンションにでもすむかもしれません。松山でも、広島でも、岡山でも、大阪でもね。

 もう僕はこの家が我慢できないので、明日の夜か、あさってには家を出たいと思います。
 いや、絶対にでる。
 体調、よくなるといいなぁ。


  にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

心と体: にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

まだ時間はかかるのか

 ちょっとmixiでR&BTOP10とかがんばって書いたり、YouTubeで好きな歌手を見てYouTubeサーフィン(?)したりで、疲れました。
 ネット疲れ?
 まぁそんなことができるだけでも、いいご身分だと思いますわ。
 世間は首切りで大変なご時勢・・・・・
 生きるか死ぬかの方も少なくないのにねぇ。

 話は変わって、親とのことはだいぶ落ち着きました。
 ただ、やはり「あなたとうまくやる自身がないから出て行って」
 っていう言葉は、僕の人生でやはり一番恐ろしい言葉でした。
 親から言われた言葉としてはね。
 それも徐々に薄くなってきてはいますが、でもやっぱり簡単には傷は癒えません・・・。

 今日も本屋に行って親父の好きなスポーツに関する雑誌を見ただけで、何か緊張感が走ったし、没頭できることをしていないと、「出て行って」の言葉が頭に何度も何度もよぎります。

 まぁ、僕はブログを書くことがすきですし、mixiもコメントがあったらすき(笑)

 ということで、変な考えがよぎらないように"回避"するしかないのかなぁと思ってます。
 あとは、頼れる人に話すとか。聞いてもらうだけでもスッキリしますよね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

今年のマイ・R&B・アルバムチャート(第3弾)

今年、かなりのめりこんだ時期があったのがこのアルバム。
Ne-Yoの"Year Of The Gentleman"

51w489sqodl_sl500_aa240_ あたしはアルバムが出る前から"Closer"をiTunes Musicで落として、聞きまくってたのね。
とにかくあのビートが大好きで、たまんなかった。
mixiのNe-Yoコミュでは「セカンドアルバム収録の"Because Of You"と"Closer"と、どっちがいいのか」
っていう議論(?)が交わされていたけど、この二曲って次元が違う二曲だと思わない?

だってBecause Of YouはPop・キラキラ系・R&Bだけど、Closerはハウス・トランス系・R&Bだと思うから。

あたしはCloserのほうをよく聞きました。

アルバムについてですが、とにかく美メロ尽くし。
「美メロであんたをはったおすわよ!」ってNe-Yoはオネエではないけれどwww、そういう意気込みの作品で、前作とはかなり趣が違っていたわね。
前作はいまいちきれいなメロディーが作れていなかったり、消化不良な部分があったけど、この"Year Of The Gentleman"ではそういうのはなく、Ne-Yoがアルバム作りにかなり打ち込み、今までになかったサウンドも取り入れた意欲的な作品になってるな、って思いました。

シングルになったMiss Independentもよかったですが、New Kids On The BlockのカバーとなるSingle, Mad(いまチャートを上がってる曲ですね)なんかもよかったです。

だからもう最初の五曲でありがとう、といいたくなるような作品ですよね。

最後はビートルズみたいになって、そういうNe-Yoの『音楽ならなんでもあり感』って大好きですhappy01黒人だからって、R&Bだけしかやらないといけないなんてルールはないんだしね。因みにMary J. BligeのU2とやったOneも大好きなのheart01話がそれるけどさっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親と僕:もうギブ・アップ

 さっき親父が謝ってきました。
 「すまんかった」って・・・・。

 あやまってほしいのは母親なんだけど。

 でもとにかく僕の今いるメンタルの状況をわかろうとしていなかったことを認めました。

 これが15年も続いたから病気も治らなかったんだよな。

 僕も最近自分が変わりつつあることに気がつきます。

 昔ほど人を許せなくなりました。

 昔はどれだけ親に痛めつけられても、親との関係を無理にでも維持しようとしていました。友人に嫌なことを言われても、無理をしてでも「友達は大事なもの。嫌なことばかり言う人でもつながっておきべき」と思っていました。

 でも今は違います。

 人間関係も切るべき人なら切ります。親と子の関係は一生切ることができるものではないでしょうが、いまはどれだけ謝られても、僕の心の傷は癒えません。

 できることならどこかのホテルで暮らすか、マンスリーマンションでも暮らしたい。実は夜中寝ずに探したんですけれど、近くにいい物件がなくて、無理みたいです。社会復帰まであと少しだし。

 許すのは難しいけど、僕がこの田舎で生きるためには許すしかないのかな。でも「あなたとやっていく自信がないから家を出て行ってほしい」なんて親にいわれたら・・・この言葉は自分のココロにに刻印されてしまったと思います。消えません。たぶん一生。

 許してくれといわれても、許したくもないです。
 この言葉を言われたときの顔と、冷たい口調は、僕は一生忘れられないでしょう。

 親は親。僕は僕。もう関係ないです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親からの逃避

とうとう言われました。

家を出ていけだって

ゲイでメンタルに悩む僕は、家にいても対応出来る自信がないんだって。

母親がいってた。

年末なのに不動産って開いてるのかな

いいところみつけたいよね。

とにかく誰にも干渉されず、ゆっくりと一人で正月を迎えたい。

寂しいけれど、僕のメンタルに17年も関心をもたず、聞いてみたら知識はない。

そして、ゲイである僕は受け入れがたいと面と向かっていう。

せっかくメンタルの状態がよくなっているのに、親のせいで会社に復帰出来ないのは

本当にいや!!!(`・ω・´)

ということで、1ヶ月くらいになりますが、一人暮らしをします。

決意しました。

でもメンタルへの偏見、セクシャリティーへの偏見

なんで僕は背負わなくてもいい重荷を背負わないといけないんですか?

なんで異性愛者とこれだけ境遇がちがうの?

親は異性愛者なら扱いは変わるって言ってた。

なんで?

なにが違うの?

だんだんと生きる気力を失いますが、親から離れておけばエネルギーは戻ってくると思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

家族にわかってもらえない時

ゲイだって親に言った時、

母親には

『普通な友達なら家に入れてもいいけど、ゲイの人なんか家の中に入れないでよ!考えただけで気持ち悪いから』

父親には

『いまからすぐに病院に行って、男性ホルモン打ってこい!そうしたら治る』

親父はこのセリフ毎日言ってきた…

携帯電話じゃなく、家の電話に。

一日に、一時間の間に三回かかってきて男性ホルモンのことで、怒鳴りつけられたこともあった。

あれから7年。

家に体調が悪い事でいるが、ほとんど変わってない。特に母親のゲイに対する姿勢は変わってない気がして、面と向かって聞くのも嫌だ。

実はこの日記を書こうと思ったのも、母親からそういうことをまた言われたからだ…

誰か僕を救って欲しい

本当に安らげるところはどこなの?

自分らしく生きられる場所はどこなのか?

部屋ではいやに暴力的なラップミュージックがかかっています

やってられない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

ゲイ・アイデンティティー(第二回)

 ゲイ・アイデンティティーの第二回目です。

 「なんでゲイとしてのアイデンティティー(自我同一性)をもたないといけないの?」

 っていうひとがいるのかもしれません。
 ですが、あたしはとっても大切なことだと思うのよ。

 逆の例を出してみます。「自分自身がゲイ」というアイデンティティーをもてなかったら・・・・・

 

one「いや、自分はストレート(異性愛者)だから、女性と結婚してもいいんだ。いいはずなんだ・・・」という考えをもってしまう。
 これは結果として、結婚しても、女性を性的に愛せず、女性を不幸にしてしまう可能性が大。
 女性に隠れて、インターネットでであった男性と関係を持ち、奥さんにそのことはもちろん黙った暮らしを続けることになる。(結局は不倫だとあたしはおもってるわ)
 このことがきっかけで離婚になるケースも最近日本ではでてきているよう。

 

two自分らしく振舞うことの大切さがわからず、意図的に世間の異性愛者のように振る舞い、それが心に負担をもたらして、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす。
 例えば、本当はゲイで、女性的に振舞いたいときがあったとしても、周りの目を気にして、自分の振る舞いを抑える。

 このような状況が生まれてくることと思います。
twoはゲイの中で女性的に振舞いたい者としては、なかなか難しい問題です。)

 アイデンティティーをもてないということは、こういうことにつながってきます。

 性的少数者は世間的に隠れて生きていかなければならないところもありますが、そういう現実を少しずつ変えるべく、僕ら一人ひとり、動き出さないといけないって思います。

 特に僕は主張したいのですが、oneのようなことはあってはなりません。アイデンティティーの問題でもありますが、世間体で結婚する、会社の昇進で結婚しないといい評価がもらえないから結婚する、などという考えは同じゲイとしても、持ってほしくない考えです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のマイ・R&B・アルバムチャート(第2弾)

 今年とっても印象に残ったアルバム。第二弾。
 やはり、Jennifer Hudsonははずせません。

Jennifer_hudson_album
 あたしは、ドリームガールズで彼女を見てから、サントラで彼女のソロの歌とか聞きまくり、今では"And I'm Telling You I'm Not Going"も歌えるほどなのねscissors

 そうこうするうちに、夏のころだったか、『Spotlight (Produced by StarGate+Co-Produced by Ne-Yo)』、そしてSex & The City: The Movieからは『All Dressed Up In Love (Produced By Salaam Remi)』。どちらともあたしのツボにビンビン入って、iPodで何度もリピート。

 そうこうしているうちに、ソロアルバム発売!

 そしてCDをデッキに挿入!聞いてみたら・・・・・
 曲ごとにカラーがばらばらな気がする・・・・・・・

 でもそれこそスルメ的に何度も聞いていたら、一貫性のあまりないアルバムだとは思うけれど、曲ごとの完成度はとても高いアルバムだと思います。

 8曲目のFantasiaとのデュエットは裏側を知っている人は面白く聞けたのではないでしょうか。
 Fantasiaがアメリカン・アイドルで優勝したのに、Jennifer Hudsonがこの曲を牛耳っているψ(`∇´)ψ

 あと、T-Painとの不思議な世界でのデュエットも印象に残りました。最後の方のゴスペルも、あれだけ若手で歌える人はいませんよねー。

 アメリカン・アイドルで「やりすぎな歌い方でdownだよ」って言われて優勝を逃しましたが、実はNext Arethaなのかもしれません。

 かなり聞き込んだCDでした。


  にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のマイ・R&B・アルバムチャート(第一弾)

 っていきなり銘打っても、10位までいきなり選出するのは不可能なので、印象に残っているアルバムを一回ずつあげていってまとめる形にしたいと思います。

  Beyoce [I Am.....Sasha Fierce]

41mw2t8dpul_sl500_aa240_

 

  このアルバムはDisc1のほうで賛否両論を呼んでいるんだけど、なんだかんだで悪くないと思う。ただ、いままでのイメージとかなりかけ離れていて、R&BではなくPOPsとかフォークロックなので、R&Bの批評家としては批評しづらいのじゃないかしら?

 でもあたし的にはDisc2のほうがすきなんです。
 Single Ladies(Put A Ring On It)、最高だと思います!!
 あのビート、グルーブ感はB'DayのGet Me Bodiedに似てるけど、ここまでヒットしてくれてそれはうれしいわっ!
 だってあの曲自体も賛否両論だとおもうから;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 続きは・・・・・

 ↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓ の続きを見るをくりっくしてねheart02

続きを読む "今年のマイ・R&B・アルバムチャート(第一弾)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲイ・アイデンティティー(第一回)

 地方、それも田舎において、ゲイのアイデンティティーを持つことは都市部よりも難しいように思うわ。
 だって、田舎すんでると、近所の人は昔からの自分を知っているわけだし、何もかにもがいつのまにか筒抜けだしね・・・・。
 そういうところで、マイノリティーとして生きていくっていうのは簡単ではないと思う。

 

じゃあ、そういう境遇において、アイデンティティーをもつにはどのようにすればいいのか。

 答えはもちろんひとつではないけれど、まずはインターネットの活用はどうかしら?なんて思うの。
 ブログやウェブサイトで、エッセイ的に毎日の暮らしを書いている人もいれば、活動家として、日本に住む性的少数者としての葛藤とどのように折り合いをつけていけばいいのか、日本のLGBT社会をどのように変えていけばいいのか、ということをまじめに考えている人もいる。

 

まずは、そういうブログを読んで、そのブログにコメントをしてみたり、著者にメールで悩みをぶつけてみたりするのもひとつの方法だと思う。

 自分らしく生きる=ゲイアイデンティティーの確立がないと、せっかく仕事を見つけてもすぐにやめてしまうことになってしまうし、転職ばかりしてしまうことにつながる恐れがある(これはあたしの経験上からもそうです)。

 なので、そういうことを回避するためにも、まずはインターネットであたしたちのための良質なサイトを見つけ、それに「参加」してみるというのはどうかしら?

 あたしからの、まずひとつの提言でした。

 ゲイアイデンティティーについては、また続きを書いてみます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

キーシャ・コール 「A Different Me」

Keyshiacdx9

僕がキーシャ・コールに興味を持ち出しだのが、(たぶん)2004年末のbmrっていう本で「アメリカではポスト・メアリーって言われてるのに何故日本ではこんなに人気がないの?」いう一言をみてから。

その頃は輸入盤CDしかない状況でした。

僕が買った時はちょうど『ラブ』がアメリカで、大ヒット。 今は日本で作られているどのR&B/ HIPHOPコンピにも入っている曲ですよね。

続きは↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓をクリックwink





      
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ

続きを読む "キーシャ・コール 「A Different Me」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喉
この間松山に行って来ました。クリニックにいくため。

あたしの思ってた通り、メインの薬はゼロに。

ただその副作用的な症状が軽く出ているのでその薬を飲むようになりました。

そりゃそういう反応は出ますよね。だって長年のんできてほんの10日でゼロになって、あぁすっきり(^-^)/

って簡単に事はすすみません。

でも毎日健康に過ごしており、自分でも驚くのがご飯は自分で作るし、掃除も時々するし。もともと持っていたエネルギーが出てきた感じです。

ただ今日はオヤジに風邪をうつされたのか喉がいたい(´・ω・`)。


風邪薬ものんで寝てます。

こういう時にアンソニー・ホプキンスみたいなかわいいひとに、いいこいいこしてもらいたいです。
(//▽//)

写真はいままでながーーーい間薬をのんでがんばったあたしに対して、自分自身へのクリスマスプレゼントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

年末年始の過ごし方~♪

 さぁ、もうクリスマスも間近。
 彼氏とクリスマスを過ごしたこともあるわ。
 二回だけ。
 一回目は悲惨なクリスマス:とにかく喧嘩。
 二回目はアメリカで彼氏と忘れられないデート。
 たぶんこのことは前に書いたはずなんだけど、アメリカのかなり大きな地方にあるホテルに行って、食事の後に連れて行ってもらったら、すっごい大きい木=クリスマスツリーだったのheart02
 あれは忘れられないわ。一緒に見たあなたは何処へ~snowboard

 さぁ、本題ね。
 年末年始は、88%実家ね。
 それで、もしかしたら初めて着物を着て初詣に行っているかもしれない。
 もしかしたら、10%松山のゲイバーに繰り出すかもしれない。
 もしかしたら、1.2%アメリカのゲイクラブで踊っているかもしれないfujiやまとなでしこ。

 もしかしたら、もしかしたら・・・・・・・・?

 ドリームガールズの時代はもう終わったから、
 Perfumeをあたし中心に結成して、街中を、そう、松山の大街道を
 ポリリズム的に、ロボットダンスしまくって、
 それにゲイパレードの意味合いものっけて、
 みんなを
虹色にしているかも!!!

 そのときは手を振ってね。そして合言葉はもちろんヴァチコイ

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

コネタマ参加中: 年末年始はどこで過ごす?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

もうすぐそこに

もうすぐそこにゴールはある気がします。

ゴールと言っても三年後にあたしが掲げた『目標』の第一歩。

日中に飲む薬が、前に言ったようにパキシル(SSRI)だけ。

それも一錠の半分の0.5錠に昨日からなりました。

睡眠薬も少し減りました。

11日ごろに書いた日記ではかなりハイみたいなことを書いた気がしますが、今は気分も落ち着いてきています。

だから実家の近くを歩いていても、なんだか嬉しいのね。今も図書館にいるんだけど好きな心理学の本を読むだけで嬉しいみたいな。

こんなことがあっていいんだろうか。

人生って辛いことばかりじゃないんですね。自分でも驚いています。

少しばかり、積極的に動いてみると今まで陰のかかっていたところに、サンシャインが“ぷぁーー”とかかって、明るくなるわけです。

こんな不景気にあたしはこんな晴れやかな気分o(^▽^)o

会社復帰も間もないでしょう。

明後日クリニックでお医者さんとこのことについて話し合いたいと思っています。

楽しみ(*^ー^)ノ

楽しみヴァチコイ三 (/ ^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

調子は良好

 この前の日記に今まで闘ってきた病気ともおさらばできそうで、薬も減らす予定ということを書きましたが、実際かなり減ってきています。

 ちょっと前までは

 トレドミン<SNRI>(25mg)朝・夕食後
 パキシル<SSRI>(30mg)夕食後

 でしたが、今現在
 パキシル<SSRI>を一錠、10mg飲んでいるだけです。
 今まで一日2錠+3錠のんでいたところ、
 今は たったの 1錠 !!!!
 われながら、この治り方はすごいとおもいます。
 でも自分で勝手に減らしているのではなく、お医者さんの言うとおりに減らしていっているのですよ。

 減る=いいこと

 ということでは決してありませんが、自分は今までどんどん増えていく一方だったので、この減り方はうれしいです。

 まだ睡眠薬のほうは減っていませんが、それも次第に減るのかもしれません。

 ご褒美にCDをたらふく買ってあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

BYE BYE、神経症君♪

 実は先月の29日(土)に、松山でとあるワークショップがありました。

 そこで、三年後は自分は何をしているのかという「夢」を考え、語ったんです。

 自分の気持ちを抑えず、「ああ、こんな才能なんてないわー。資格取るのにいくらかかるの?」などと思わず、三年後自分は○○をしているというのを具体化して、グループの中で発表というものでした。
 発表する際には色つきの画用紙に自分たちで持ってきた写真を貼ったり、漫画にあるようなふきだしをつ けて、自分のコメントをつけてみたり。

 
そこで今現在「これがやりたい!!」という夢がもてました。 はなしはつづきますよ

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

続きを読む "BYE BYE、神経症君♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

いかんいかん・・・

今日もウォーキングをして、日中は昼寝をせず。
前よりもよくなったなとおもったら、
眠れない。

軽くそう状態なような気がする。

僕自身と僕の心との折り合いはいつつくのか。

まぁ折り合いなんてつかなくっても、生きて入られるんだとおもいます。
マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

ありがとうございます

   僕のブログはこじんまりとしたサイトで、アクセス数も見たとおりそんなに多くありませんhappy01
気にしていないといえば嘘になりますが、よく見てくれる人ってたぶんmixiの友達か、僕が「ブログやってるんですよ」っていって教えた人か、後は自力で見つけてくださった方なのかなぁ。

 ありがとうございます。

 というのも、毎日大体同じ数のアクセスがあるんです。

 まぁこんなたいしたこともないサイトもチェックしてくださってるんだわぁ

 とおもって、感謝しています。

 今日はとっても元気で、「あ、やっぱりこれってウォーキング効果なんだ。」っておもっています。

 アメリカの友達に久しぶりにさっきはメールをしました。実は前にも書いたゲイカウンセラーへ悩みの相談なんですけどね。

 そうやって、専門家に相談を持ちかける人がいるだけ、僕は幸せ者だとおもっています。
ただその人は僕の状況をずっと知っているわけではないからちゃんとした答えが返ってくるか、「はなはだ疑問だわ~」って感じですけどねo(*^▽^*)o

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

有言実行なあたし

 あたし、昨日の深夜に書いたとおり、有言実行しました。
 朝ごはん食べて、昼まで寝ちゃったんだけど・・・・
 ちょっとやり遂げないといけない書類があって、それを送らないといけなかったんですね。

 

→ G-MENに →→       

 あ、うそこいた・・・・・

 まあ、送ったんですけど、封筒を買いに行くにしても遠いし、こりゃ昨日書いたとおり、「あたしあるきますわ」。とおもって、家の外を、一週間ぶりに開けたら、

 あらぁ~~~。今日は雨がぱらついていたのに、日差しがきもちいい・・・
 あたし、女優

 ということでかなり歩きましたよ。2時間半くらい。あ、すいません・・・。喫茶店にいて、オムライス食べて、女性自身をみていた40分は除きました・・・・

 そして、スーパーにティータイムに必要な菓子パンを買いに。無類の菓子パン好きなんです。

 そして、ついに発見!!!ス・ケ・ス・ケーーーーーーーーーソックス!!!!
 さすがに、スケスケソックス、略して、スケソ姐さんはやりおるわ。一足800円。
 松山でも売ってないわよ。さすが、田舎ね。ニッチ市場よ、これぞ。

 でも・・・・・

 

 高、スケソ姐さん!!!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日

今日
今日はずっと寝てばかりいました。

実はこの一週間外に全く出てません。

でもそこまで落ち込むこともなく

でも外にでたほうがいいに決まってる。
前はかなり明るくなって松山から帰ってきたんだけど、心が曇ってきてるんで明日は外に出たいところですね。

松山なら市電に乗ればイケメンチェック出来るんですが、ここではできないわ〜
人少ないから

それも一つの理由ですね。

写真は松山にあるドイツの公衆電話。

松山とフライブルクは姉妹都市なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

さっき寂しかった

 さっきなんだかものすごく寂しかったんです。
 それで落ち込んで・・・とことん落ち込んで・・・とにかく寝るしかなかったんだけど、
 友達が電話してくれてかなり気分が回復しました。

 落ち込んでたときにおもっていたのは、
「この隣にいいひと(=おじさま)がいて、あたしをつつんでくれたらなぁ」

 とか、とにかく不安・いらいらとかをハグしてもらうことで、なくしたかったんです。

 アメリカにいるときには本当に優しい人がいて、SEXが目的なのではなく、僕が寂しがっているときにはいつも、「電話しろよ」っていってくれて、HUGしてくれるひとがいたんです。

 

15分程度HUGしていれば充分寂しさは消えていました。

 日本ではまだHUGを別に意味に取る人がいるので、残念ですが、布団のそばでいちゃいちゃできる人がほしいですね。

 別に、クリスマスが近いからということではないですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

AM I 変態?

 ゲイバーに行ってあたしが、
 「ナイロンソックス好きなんです。あの透けてるのがたまんな~い。」
 っていったら、大体の人は引くんです・・・・
 他にもブリーフが大好きとか、スーツが大好きとか、そんなの数えたらたーくさんあるの。
 でもあたしの場合はだめなんだって・・・・

 でもあの透けてる靴下を履いてる感じがたまんないのよ~
 高校時代からそうだったの。
 古文の先生はいつもはいてたわ。
 かなりはげてたけど、たまんなかった。
 ありがとうございました。って感じ。

 でもさぁ、コンドームもつけずにセックスする人と、あたしとどっちが変態よ!
 っておもうと、あたしは自分のほうが変態度がかなり低いと思うわ!
 コンドームはつけなさい!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »