« 真夜中 | トップページ | 向上心 »

2008年1月29日 (火)

ゲイ活動家、刺殺

ゲイジャパンニュースに下記のニュースが載っていました。

***************************

ブラジル人ゲイ活動家、刺され死亡
2008/01/29 06:16

ブラジル人ゲイ活動家のフランシスコ・テシオ・ジ・オリベイラ・ソアレスさん(38)が3日、何者かに刺され死亡した。17日、Gay & Lesbian Timesが伝えた。

オリベイラ・ソアレスさんは、ブラジル北東部の州セアラのクラト市で自身が経営する美容室で、裸の状態で発見された。

美容室から物が盗まれたり物色された形跡がないことから、警察当局は怨恨や憎悪による犯罪ではないかとみて捜査を進めている。

オリベイラ・ソアレスさんはプライド・パレードを主催するなど、20年以上にわたりLGBT権利活動に関わっていた。(翻訳・編集 山下梓)

******************************

あたしはこういう記事を見ると憤慨!

なんで活動家が殺されなくちゃならないのかしら・・・・

活動家といっても、ゲイの権利を訴えたり、ヘテロセクシャル(ノンケともいいます)が認められているものと同等の権利を訴えているだけなのに、ヘテロセクシャルの「憎しみ」で殺されてしまうのですよね。

あたしも、こういう活動はどんどんやっていかなくてはならないと思うもののひとりよ。

あたしはこういう活動をするのなら死などいとわないけれども、必ずしもあたしと同じような考えの人はいないと思うの。むしろ、こういう記事を読むと、怖がる人が多いような気がするわ。

だからこそ、ヘテロには"EDUCATION!!(教育を!!)""って叫びたい。

彼らに正しい知識を持って欲しいのよ。

あたし達は「特異な存在」ではない。

男が男を好き

女が女を好き

で何が悪いというの?

いつ誰が迷惑をかけたというの?

考えたことが無い人にはちょっと考えて欲しいわ。

そうすれば、このような「憎悪」とやらで、むやみに殺される事件など無くなると思う。

知識こそがあたし達を救うのよ。

|

« 真夜中 | トップページ | 向上心 »

「世界ゲイ事情」カテゴリの記事

コメント

悲しい事件ですね。
ソアレスさんのご冥福をお祈りします。
事件の真相はわかりませんが、ホモフォビアによる殺人だったら許せないなあ。
まあ、ホモフォビアなりに「正当な理由」があるのかもしれませんけどね。
それこそ人の命以上に大事なものが・・・・。そんなんあるはずないよね。
アメリカだったらアンチアボーションの活動してる人たちが過激ですよね。
胎児の命を大事だと訴えている人が、中絶医や中絶した女性の命を奪うこともあります。
そうまでして貫く彼らの「正義」って何なんだろう?守りたい「道徳」や「倫理」は何なんだろう?
重たい問いかけを続けていくしかないんだと思う。

投稿: Kazuccine | 2008年2月 6日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136545/10141938

この記事へのトラックバック一覧です: ゲイ活動家、刺殺:

« 真夜中 | トップページ | 向上心 »